認定看護師

湘南東部総合病院 認定看護師の紹介

認定看護師とは

[写真]

<制度の目的>

特定の看護分野における熟練した看護技術及び知識を用いて、あらゆる場で看護を必要とする対象に、水準の高い看護実践のできる認定看護師を社会に送り出すことにより、看護ケアの広がりと質の向上を図ることを目的としています。

認定看護師は特定の看護分野において、以下の3つの役割を果たします。

  • 個人、家族及び集団に対して、高い臨床推論力と病態判断力に基づき、熟練した看護技術及び知識を用いて水準の高い看護を実践する。(実践)
  • 看護実践を通して看護職に対し指導を行う。(指導)
  • 看護職等に対しコンサルテーションを行う。(相談)

(日本看護協会より)

当院所属の認定看護師

慢性心不全看護 認定看護師

[写真]

 宍戸 唯

<慢性心不全看護 認定看護師の役割>
・安定期、増悪期、終末期の各病期に応じた生活調整及びセルフケア支援
・心不全増悪因子の評価およびモニタリング

心不全や循環器疾患患者さんへの再入院防止とQOL向上のための指導に力を入れています。

また、ご紹介いただいた患者さんの入院後の様子や病状経過を含めた情報を共有するために、近隣病院への訪問や訪問看護師との同行訪問も行っています。

病院内では、看護実践の質の向上のために研修会講師として看護師教育にも携わっています。

<勉強会・講演等でお話しできる内容>

心不全・循環器領域に関すること全般、心電図、コミュニケーションなど

精神科 認定看護師

[写真]

 下嶋 悠介

<精神科 認定看護師の役割>
・すぐれた看護実践能力を用いて、質の高い精神科看護の実践
・精神科看護における相談・指導・知識の発展への貢献

精神症状のある患者さんやせん妄、認知症の周辺症状に対するケアについての指導・助言に力を入れています。

また、認知症(リエゾン)医療チームとして認知症看護認定看護師とともに月に2回の院内ラウンドを行っています。

病院内では、研修会講師や後世の育成のために臨床実習指導にも携わっています。

<勉強会・講演等でお話しできる内容>

精神疾患・精神症状に関すること全般、認知症の中核症状・周辺症状に関すること全般、せん妄に関すること全般、職場でのメンタルヘルス、コミュニケーション、自己理解と他者理解、看護理論を用いたアセスメントなど

認知症看護 認定看護師

[写真]

 浅見 直宏

<認知症看護 認定看護師の役割>
・認知症の各期に応じた療養環境の調整およびケア体制の構築
・心理症状の緩和・予防

認知症や認知症の疑いがある患者さんへの対応や環境調整についての相談対応や指導を行っています。

また、院内の認知症ケア技術向上を図る為に看護師、看護補助者対象に勉強会を定期的に実施しています。

毎月2回精神科認定看護師と連携し病棟ラウンドを行い、対応困難な患者さんへの対応の助言や指導を行っています。

<勉強会・講演等でお話しできる内容>

認知症の病態生理、BPSDについて、認知症の方への対応、アセスメント、コミュニケーション方法、環境調整、せん妄患者の対応など

感染管理 認定看護師 養成コース修了生

[写真]

 片石 剛史

<感染管理 認定看護師 養成コース修了生の役割>
・医療関連感染サーベイランスの実践
・各施設の状況の評価と感染予防・管理システムの構築

院内の感染管理活動に重点を置いて活動しています。

医療関連サーベイランスの実施により、当院における感染の評価を行い、必要に応じて指導やマニュアルの改善などといった介入を行っています。

感染対策チームや抗菌薬適正使用支援チームの中で、ラウンドを実施し職種横断的な介入も行っております。

<勉強会・講演等でお話しできる内容>

手指衛生、個人防護具等の使用、標準予防策、経路別予防策について等

認定看護師に関するお問い合わせ、勉強会・講演の依頼はこちらまでお願いいたします。

y-shishido@fureai-g.or.jp

活動報告